父親が親権を取るには

離婚の際に調停し審判をすると80%以上が母親に親権を取るという結果が出ています。
その為残り20%?10%近くが父親が親権を取る事になり、非常に難しいものとなっています。
又、珍しい例としては父親が親権を取り兄弟が複数いる場合では5%というふうになっています。
では父親が親権を取るにはどうすればいいのかというと、母親より親権者に相応しいという事を証明する必要があります。
基本的には母親が親権者になる為、弁護士が怪訝な顔をする事が多くなります。
理由としては母親の意地などで親権を争っているという様に見られるからです。
その為、本当に母親より親権者とし相応しく適格者である事を証明する事で親権を取る事が可能になります。
子供の成長は基本的に経済を中心にまわっていますが、面倒を見るとなると母親の影響が大きいと言えます。
親権を獲得するポイントは実質的に見て子供の面倒を見るのに母親と父親でどちらが不都合を生じてるのかという判断になります。
特に子供が小さい家庭程、母親のほうが面倒を見ている家庭が多くなっており、他にも子供の意思の尊重や兄弟の不分離など当事者が該当するか見る必要があります。
家庭によって状況は様々ですが、親権を取るには有る無しの判断になる為揉める事も多くなっています。
その為弁護士に相談する事で解決させる事が出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚の際に持ち家を相場より高く売るには?

離婚後のために条件の良い仕事を探す秘訣

家を高く売る|持ち家やマンションの値段を知りたい 離婚前に借金を整理しておく 今すぐお金を借りたい時の安心キャッシング会社一覧

このページの先頭へ