専業主婦が親権を取るには

母親であれば、誰でも子供の親権は失いたくないですね。
その為に裁判で闘うこともいとわない人は多いはずです。
専業主婦が親権を取るには、そんなにハードルが高いということもなさそうです。
まずは、御自身がこれまでにちゃんとした生活を送っていて、子供へ愛情も深く、この先もずっと子供の面倒をみていくという決意の固い方なら、専業主婦の方でも親権を勝ち取ることができるのです。
これは子供が幼いほどにその可能性は高く、子供には母親が一番必要だという考えのもと、調停でも母親が勝つケースが多いです。
ただし、母親の素行に問題がありと判断されると不利になりますので、あくまでも子供のことだけを考えて調停に臨みましょう。
離婚調停で泥沼になるのは嫌ですよね。
できるだけすみやかに調停が進むように、金銭よりも親権だけに絞るのがいいかもしれません。
無事に親権を得た後の生活の面では、例え専業主婦で収入0であっても生活保護が支給されますし、母子家庭手当てもありますので、それで子供を育てていくことができるのです。
もちろん、子供が大きくなってくると、少しずつ働ける範囲でご自身も仕事を探して働いていかれたらどうでしょうか。
子供もやがては巣立ちますので、子供と一緒に自分も成長していけるといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚の際に持ち家を相場より高く売るには?

離婚後のために条件の良い仕事を探す秘訣

家を高く売る|持ち家やマンションの値段を知りたい 離婚前に借金を整理しておく 今すぐお金を借りたい時の安心キャッシング会社一覧

このページの先頭へ