離婚の財産分与の基本 | 家は?2分の1ルールって何?専業主婦はどうなる?

離婚と財産分与は、切っても切り離すことができない問題です。

離婚をする際には、結婚して婚姻中に夫婦で築いた共有財産をすべて清算することになりますが、その中には土地や建物などの不動産もあれば、車、現金、貯金、株など、なかなか平等に二つに分けることができないものも少なくありません。

たとえ自分が専業主婦で収入がなかった場合でも、結婚している間に築いた財産はすべて共有財産。離婚の際には財産分与の対象となります

離婚と財産分与は、離婚する当事者同士が話し合っても、なかなか解決しないことも多いもの。

離婚するとなれば誰だって少しでも多くの財産を手にしたいわけですし、感情的になって、相手に残す分はできるだけ少なくしたいという気持ちにもなってしまいがちです。

離婚に向けた話し合いで解決できない場合には、離婚を取り扱っているプロの弁護士事務所などに依頼して間に入ってもらいながら、一つずつ解決していくようにしましょう。

預貯金とか株式証券などのように、すっきりと二つに分けることができる財産なら、それほど難しいものはありません。

しかし、自宅として家などの不動産を取得して所有している場合には、名義が共同名義であったり、どちらかが離婚後にも住み続けたり、ローンが残っていたりすることもあるため、財産分与ではそうした点もきちんと話し合いながら、両者が納得できる妥協点を見出していくことになります。

相手に所有権を譲渡して居住してもらったり、売却して得た金銭を二分することも検討できます。

一度には支払いきれない高額な財産分与になると、長期にわたって一定の金額を分割払いしていくが一般的なようです。その場合には、強制執行の効力を持つ公証人役場で公正証書をきちんと作成しておきましょう。

財産分与の3つの種類

財産分与には、3つの種類があります。

1つ目は、慰謝料的財産分与です。慰謝料と財産分与を明確に区別せずにまとめて財産分与として請求をしたり、支払ったりすることをいいます。

2つ目は扶養的財産分与です。離婚時に夫婦の片方が病気で仕事ができない状況であったり、収入のない専業主婦であったり、高齢・病気で収入を得ることができない場合に認められることがあり、一般的に、経済的に強い立場の配偶者が経済的弱い立場の配偶者に対して、離婚後も相手を養うするために定期的に一定額を支払うという方法がとられています

3つ目は清算的財産分与です。清算的財産分与は、離婚原因があるかないかに関係なく、あくまで2人が共同で形成した預金、資産と財産を計算して2人で分配するという考え方に基づくものです。

財産分与とは、結婚している間に夫婦で協力して得てきた財産を、離婚の際に、今までの生活の中での貢献度を加味して算定して配分することを言います。

不倫や不貞行為、相手方のDVが原因で離婚の成立を急いでしまうと、夫婦の財産について細かく話し合わずに、分け合えるはずの財産を手に入れないまま離婚することになりがちですが、法律上しっかりと与えられている権利ですのではっきり合意して決めておくことが重要です。

とくに女性の場合で子供を引き取る場合は、実家に戻るケースもありますが、母子家庭のシングルマザーとなり、家事や育児と会社やパート等の仕事を両立させて父親代わりもして子供達を養う経済力も身に付けなくてはなりませんので、生活を維持していくのが大変ですが覚悟を持って対策と準備をしておきましょう。

当事者同士で話し合いをしてもまとまらない場合は、離婚調停、離婚審判などといった、裁判所での手続きをおこない決めていくことになります。

専業主婦の場合は財産分与はどうなる?2分の1ルールって何?

夫婦共にフルタイムで仕事をし、同じぐらいの給料を受け取っていた場合には、それほど困難に直面することなく、半分に分けるんだろうなぁという財産分与のイメージが湧くと思います。

では、専業主婦の方が離婚するときの財産分与の比率はどうなるでしょうか。

離婚の際の財産分与では、基本的には「2分の1ルール」が適用されます。

これは、収入の有無に関係なく、結婚生活の中で手にした財産は夫婦共有の物だから財産分与でも原則としてきれいに2分の1にしようというものです。

専業主婦の方の場合にも、基本的にはこのルールが適用されます。

しかし、例えば、自分は専業主婦で収入がなく、夫が得た収入を浪費しまくって債務を作っていたりという場合には、離婚の際に財産を二つに分けるのは不公平になります。

専業主婦だから財産分与で損をするというわけではありませんが、離婚理由や結婚生活における貢献度によっては、専業主婦に限らず外で働いている方でも、資産形成に寄与していないと判断されれば離婚の財産分与が少なくなる可能性もあります。

夫婦のどちらがより貢献したかということを第三者が判断するのは難しいものです。

専業主婦の方でも基本的には財産分与で共有の財産の半分を手にすることはできますが、財産を築いた貢献度と浪費した割合は、財産分与では考慮されるので、覚えておいたほうが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚の際に持ち家を相場より高く売るには?

離婚後のために条件の良い仕事を探す秘訣

家を高く売る|持ち家やマンションの値段を知りたい 離婚前に借金を整理しておく 今すぐお金を借りたい時の安心キャッシング会社一覧

このページの先頭へ